【広告を表示させるきっかけ(基本編)】

【広告を表示させるきっかけ(基本編)】

インターネット広告はユーザがどのように見て、
クリックさせるかが課題です。
ではどのようにユーザにクリックを促すのがよいでしょうか。

インターネット広告のトリガー

不特定多数のようなビックワードで広告を出して、
クリックを促すには費用対効果としては認知度が上がる程度でしかありません。

そうなればしっかりターゲットを選定して行う必要がありますが、
ユーザが検索したキーワードで広告を表示させる「リスティング広告」が主に使われます。
リスティング広告を「検索連動型広告」とも言われていますが、
まさにターゲットが興味のあるキーワードを検索した横に広告が表示されるので、
興味のある内容であればクリックされやすい特徴があります。

あと、ウェブページの中にも掲載内容と同じように連動させた広告が表示されることがありませんか?
それは「コンテンツ連動型広告」と言って、ホームページと広告が連動した形の配信方法です。
例えば、本のレビューコンテンツの下に紹介されていた本の広告バナーがあったりしますよね。

他には、今までの行動履歴によって広告が変わる「行動ターゲッティング広告」と呼ばれる広告があります。
閲覧していたページ、購入した商品によって広告の内容が変わる「レコメンド」に近い広告です。

スマートフォンでよくありますが、閲覧している場所によって
位置情報を読み込んで近くにある店の広告を表示させたりする「位置情報連動型広告」もあります。

このように広告を見てもらうためのきっかけは複数あり、
ターゲットに応じてより人を囲い込み出来る広告を選定して利用する事が必要です。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/



無料お問い合わせ