【広告費の効果指標(基本編)】

【広告費の効果指標(基本編)】

広告費の効果指標

WEB集客を行うにおいて、広告費は必要です。
広告を使うことでサイトにユーザを集めて顧客へと変化させていくわけですから
広告による効果を検証しなければいけません。

このような広告検証を行う指標として、「ROI(投資対効果)」があります。

「ROI」=(広告での利益ー広告費)÷ 広告費 × 100

上記の計算式で求められますが、
広告での利益はコンバージョン数×平均利益単価で求める必要があります。

「ROI」の数値が高ければ、広告の費用対効果が高い広告となります。

広告を出稿していく上では必須の指標です。

 

さらに広告によって得られる指標はまだ他にもあります。

広告費に対して注文1件あたりの獲得単価をCPOといい、
広告費に対して顧客一人あたりの獲得単価をCPAといいます。
この2つは、ひとつの注文・顧客を得るためにかかった広告費がどれだけなのかで
費用対効果を測ります。もちろんこの数字は低い方が効果が高いということです。

WEB広告に50万円の広告費をかけたのに対し、
50件の注文をもらったとします。

この場合のCPOは注文1件当たりの単価は1万円です。
これで100件の注文が来た場合は単価は5千円です。

コストを軸に広告費を考えるのであれはしっかり見ていきたい評価指数ですね。

 

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/



  • ウェビナー
  • 集客ホームページ制作
  • 集客動画制作
  • スタイリッシュアニメ
  • パノラマ360
  • IPサーチ
無料お問い合わせ