【あらゆるチャネル(経路)の対応(基本編)】

【あらゆるチャネル(経路)の対応(基本編)】

オムニチャネルとマルチチャネルの対応

以前のホームページではトップページから入って、商品紹介を見て商品購入へといった
一連の商品、サービスを購入するルート(経路)は決まっていましたが、
今現在は認知した商品、サービスをインターネットを利用して比較検討を行い、
実店舗で安ければ店舗購入、ネットが安ければネットで注文・購入と
商品を購入するルートは増え、さらにスマホでも商品の購入が可能となり、
まさにあらゆるチャネルを利用して商品、サービスを購入出来るようになりました。

このような複数のチャネルに対して「マルチチャネル」と呼ばれるようになりました。

しかし、そのような流入経路がありとあらゆるチャネルを組み合わせたマーケティングの概念として、
「オムニチャネル」という言葉が誕生しました。

パソコン、スマホ、SNS、実店舗、ECサイトとまさにあらゆるチャネルを組み合わせたパターンが
最近の主流になっています。
しかし、オムニチャネルで描かれるルートはユーザが決めるものなので、
描かれるルートに対して柔軟に対応できるようにすることが必要です。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/



  • ウェビナー
  • 集客ホームページ制作
  • 集客動画制作
  • スタイリッシュアニメ
  • パノラマ360
  • IPサーチ
無料お問い合わせ