【ホームページ集客でアクセスアップが可能な8つの方法】

【ホームページ集客でアクセスアップが可能な8つの方法】

ホームページから新規で売上を上げるには、成約率を上げるためにはまず、
アクセスアップを行い、アクセスの質を向上させて、コンバージョン率をアップ
させる必要があります。

今回はホームページを立ち上げるにおいて、
費用対効果の高いホームページ集客のアクセスアップの方法を
自社で行える方法と、外部に依頼する方法をご紹介いたします。

 

アクセスアップ
【自社でホームページアップの対策を行う】

①ブログ更新でコンテンツSEO対策
ブログはSEO対策として、自社で行う一番行いやすい手法です。
コンテンツSEOとしても、一つ更新するたびに1ページ増えていくので、
自社サイトが強くなります。ブログを更新するということは、その文章の中に
キーワードとして引っかかる可能性が増えるので、
自社の潜在顧客を引き出すことも新たな販路も作っていけることができます。
ブログは日記という使い方ではなく、業務報告やお知らせ、新商品紹介など
多方面においての広報的役割をはたしてくれます。
②フェイスブックやツイッター等、SNSを活用
ソーシャルメディアは、自社で行うことができますが、
運用はブログに比べると若干ハードルが高くなります。
ソーシャルメディアは基本的に自分で顧客を集めてこなくてはいけません。
よく使われる方法として、顧客フォローをベースとした利用になります。
SNSで一番注意しなければいけないのは、発言が簡単にできてしまうため、
不要な発言まで簡単に公開してしまい問題になるケースです。
運用方法さえ間違わなければ効果的なツールになるので、
利用前にはしっかり準備してから運用しましょう。
③リンク貼り付け
自社が所属している団体やその他関連情報のリンクサイトへのリンク申請や
相互リンクなどを行うことです。有名なサイトであれば、そこからの
流入が見込めることと、SEOの被リンクとしての効果もあると思われます。
ヤフーのカテゴリー登録などの有料被リンクもあります。
被リンクサービスなどの業者によっては逆に順位を下げる原因にもなりますので、
注意が必要です。
④SEO内部対策
内部対策として【タイトル】【ディスクリプション】【h1】【コンテンツテキスト】を中心として
タグの最適化とキーワードの組み込み具合によりグーグル検索による検索順位に反映してきます。
検索されやすいユーザー視点でのコンテンツ制作を行うことで、より質の高い顧客の流入を見込めます。

キーワードの選定を間違えると、
自社が望むキーワードが検索にひっかからない状況になってしまうので
気を付けたいところです。

⑤リスティング広告
ホームページのアクセスを手っ取り早くアップさせる方法として利用されています。
検索エンジンで指定のキーワード検索結果画面の上側、右側に表示されるので、
クリックされやすいとされています。1クリック○○円と費用をかけて行います。
自社で行うことも出来ますが、業者に任せて行うところもあります。
⑥ターゲッティング広告
ターゲッティング広告とは見ている人の関心の高い内容や興味のある内容を元に
広告を表示させます。リマーケティング広告は一度訪れたサイトの広告を常に表示させます。
一度訪問した人や関心興味のある内容について広告が貼られるので、非常に高い
費用対効果をもたらします。アクセスアップ、WEB集客には、必須の広告だと言えます。
⑦フェイスブック広告
フェイスブック内で表示させるWEB広告。
フェイスブックの利用者はビジネスマンが多いため広告の反応も良く
ターゲットを細分化させて、広告配信ができるので、
他の広告より高い費用対効果がでます。
⑧アフィリエイト広告
アフィリエイト広告とはブロガーたちが宣伝用のサイトやお役立ちサイトを作り、
そのサイトを経由してユーザを誘導させる広告です。成果報酬型の広告として有名です。
サービスが魅力的でなかったり、成果報酬の報酬が少なかったりすると広告として
扱ってもらえない場合もあります。
8つの方法を紹介してきましたが、
必須は「コンテンツSEO」と「SEO内部対策」は行いましょう。
その後の経過をみて「リスティング広告」などの広告宣伝をしていきましょう。
まだまだ様々なホームページのアクセスアップの方法があると思います。
是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



無料お問い合わせ