【ブラウザのシェア】

【ブラウザのシェア】

最近はウィンドウズが10になり、ブラウザをIE11から
違う、Edgeブラウザという新しいブラウザに変えてきました。

わざわざ新しい名前にするということは、
機能を新しくしたりするのと同時に過去のブランドを無くすことに
なります。そこで、気になるのは今、現在のブラウザのシャア率です。

今まで、ブラウザはIEがかなりのシェアをとり、クローム、ファイヤーフォックスなどが
追随していた状況でしたが、

 

世界のブラウザのシェア率

 

海外ではダントツで以前からクロームでした。

それが日本では、

 

日本でのブラウザシェア率

昨年の9月以降にクロームのシャアがIEを抜いて逆転しました。

こうなってくるとホームページ制作を行ったりするうえで考慮が高くなるのが、
クローム、ついでIE,ファイヤーフォックス、サファリの順に
チェックしていくことになります。

順番が変わってくるとどうなるのか?

もう少し、IEがシェア率が20%を切ってくると
ターゲットをクロームだけにして、
クロームでは出来る、IEでは出来ないといった機能面を使うことが出来るのです。

もちろん、必要最低限で見れるようにしたとしても
両方を鑑みて制作をする比重が軽くなってきます。

新しいブラウザのEdgeがどこまで勢力を伸ばしてくるかも
今後の見どころではないでしょうか。



  • ウェビナー
  • 集客ホームページ制作
  • 集客動画制作
  • スタイリッシュアニメ
  • パノラマ360
  • IPサーチ
無料お問い合わせ