menu

マーケティングオートメーションツールを使ってHP来訪者のIPを分析し企業・個人を判明!

(平日10:00~18:00)
06-6344-6580

イベント管理機能

自社でイベントを行うけれど、どのくらいのターゲット、規模の人が応募して、
実際に参加してくれているのか把握していますか?

イベント管理機能はIPマーケターを連動させたイベント支援機能です。
IPマーケターにイベントを登録作成するとイベントを受け付けてくれる
フォームが表示される専用タグが発行されます。
専用イベントタグをホームページに貼り付けることで、
貼り付けたページがあっという間にイベント募集ページになります。
イベント募集ページの「募集申込み」から募集することで、
イベント管理機能にある参加人数管理をしているシステムがカウントし、
指定人数以上の募集は出来ないように自動で集計管理しています。

自動で集計しているので、キャンセルは、応募者が自分の意思でキャンセルすることができます。
キャンセル方法は申込み完了メールにキャンセルボタンをクリックして指示通り進めるだけです。

イベントに申込んだ人にステップメールをおくることも可能で
さらには、予約者に対して送信したり、出席者のみに送信したりとセグメントしてメールすることも出来ます。

当日のイベント参加をイベント管理機能に当日参加登録することで、
イベントの参加率を残すことが出来るので、今後のイベントの参加にできます。
イベントの作り方のフローは以下のイメージです。

①イベント管理からイベント作成
②作成タグをページに貼り付け
③イベントページに誘導して予約ボタン
④予約入力フォームから「申し込む」
⑤予約確認メール送信
⑥確認メール文の予約リンクをクリック
⑦予約完了(参加人数の+カウント)
⑧イベント当日
⑨参加結果入力
⑩イベント出席者集計から集計表を作成

登録している顧客がホームページを閲覧して、さらにイベントに参加してくれるなど
顧客の動きがオンとオフの動きが見えてくると顧客の興味度が目にも体感にも出来るのではないでしょうか。

「IPマーケター」15大機能