【ランディングページの作り方】

【ランディングページの作り方】
ランディングページってどう作ればいいの?
成果の上がるランディングページって簡単に作れる?

これからランディングページを作る方たちは、このようなお悩みの方は多いのではないでしょうか。
ランディングページは最終的に、購入してもらうという「行動」をしてもらうのですが、
その行動には共通するポイントがあります。
ランディングページの作成では重要な構成について解説します。
ランディングページ(LP)は、ただ縦に長いページだったら良いわけではありません。
ユーザーの心理状態を誘導するために、小説のように構成をしっかりと組み立てる必要があります。
ユーザーの感情を刺激してゴールまで導くストーリーを創りだすことが必要です。

【基本構成】

  1. ファーストビュー・興味付け
  2. 問題提起
  3. 共感
  4. 解決法の提示
  5. 商品の裏付け・解決できる証拠
  6. クロージング

5a74c86ced021b6298b05e67cf8e5f09_s
1.ファーストビュー・興味付け

検索ページからアクセスしたユーザーが、「自分が探していた商品やサービスがある!」とイメージ付けをする場所です。
最初に開いた画面で、最初に目に飛び込んでくる場所をファーストビューと言います。
そこでいかに商品・サービスに興味付けできるか、ここで離脱する人も多く、一番重要なエリアです。
2.問題提起

ホームページに訪れたユーザーは何かしら問題を抱えています。
この商品・サービスであれば、「あなたかの問題を解決できますよ!」とアピールすることで
ユーザーに安心感を与え、ユーザーの興味を引きます。
そこで、どこがおすすめポイントなのかを、簡潔に見せるのです。

3.共感

ユーザーの抱えている問題を提示することで、悩みを理解していることアピールし、
親近感を与え、ユーザーが共感し、さらに興味・関心をもって見てくれます。

4.解決法の提示

ユーザーが共感したタイミングで実際の解決方法を紹介します。
「この問題を解決するにはこのサービスが必要です!」
「その方法は・・・。」と具体的に記述していきます。

5.商品の裏付け・解決できる証拠

商品のよくある質問や不安点を書き出してユーザーの不安を払しょくしていきます。

6.クロージング

最後まで見てきているユーザーなら後は押しの一手です。
期間限定や残り何個で「今買わなければいけない理由」を創りだしましょう。
そして決済に結びつけましょう。

analytics-aa



  • ウェビナー
  • 集客ホームページ制作
  • 集客動画制作
  • スタイリッシュアニメ
  • パノラマ360
  • IPサーチ
無料お問い合わせ