【ランディングページの動き】

【ランディングページの動き】

最近ランディングページを見ない日はないぐらい、増えてきました。
だからこそ見てもらうための工夫が多く、いい勉強になります。

ランディングページを作ろう

一番基本的なものは人物写真を大きく見せるキャッチ

所々に人物写真でワンポイント。人物写真を載せることで、
安心感や信頼感を生ませるために使われていることが多く、
実際には店舗での店員の対応で商品購入を断念する人だっておられるくらいなので
しっかりと対応できる商品説明や人物の笑顔などがポイントですね。

その次に多いのが、イラスト・漫画タイプのランディングページ。

殆どの人は漫画を読むことに抵抗がありません。
なので漫画による商品の説明や自身の悩みや解決などを
漫画内で描かれると共感されやすいのです。
それにテンポ良く書かれているとサクサク読み進める確率が高いのも人気です。

同じくらいに多いのが、動画が入ったランディングページ。

商品説明など実際に動画を見ることで、読む作業ではなく、見る作業なので
直接的にアピールすることができます。
ただ、動画の数が多すぎるとその都度再生や、音を気にされる方には
よろしくないのでターゲットを絞る。動画の数を最低3つ以下には抑えたいですね。

最近増えてきているのが、パララックスデザインが入ったランディングページ。

スクロールするたびにウィンドウ内で動くのでスクロールをする不満を楽しみに変えて
読み進ませることが出来ます。これはブラウザや端末によって動きが制限されるのも
ありますので気を付けたいですね。

まとめサイト

【参考:ランディングページまとめてみました。】

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookもブログと同じメリット・デメリットあります。

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/



  • ウェビナー
  • 集客ホームページ制作
  • 集客動画制作
  • スタイリッシュアニメ
  • パノラマ360
  • IPサーチ
無料お問い合わせ