「キーワード出現率5%神話」

「キーワード出現率5%神話」
キーワード出現率とSEO上位表示の関係性は?
以前はSEO対策をする際「キーワード出現率が5%前後がいい」と言われていましたが、
現在キーワードを5%の出現率にしたところで上位表示の効果は望めません。

そもそもなぜ「キーワード出現率の調整がSEOに有効」だったのか?

検索エンジンで検索をする際には必ずキーワードが必要で、欲しい情報のキーワードを入力します。

【入力された検索キーワードと適合度の高いページが上位表示される】これが検索エンジンの基本的な動きです。

そのため、表示させたいページにそのキーワードを多く含ませておけば、
適合度が高くなり検索で上位表示されるのでは?と
キーワード出現率という言葉が生まれたそうです。(実際には不確かですが)

「出現率」という言葉を鵜呑みにした人たちが上位表示させたいキーワードの適合度を高めようと、
【タイトルタグ】【ディスクリプション】【本文】等に、無理やりキーワードを入れ込むページが増えました。
当時はキーワードスパムと言われていました。

スパムだけにスパムおにぎり
キーワードスパムとまではいかなくても、本文中のキーワードの出現率がSEOに影響があるということが
根強く定着し、ホームページのSEOチェックサイトも出現率の測定が出来るサイトが多く増え、
「キーワード出現率は5%(もしくは7%)程度にすると良い」とよく言われていました。
キーワード出現率を気にしておかしな文章になるのは本末転倒なので調整に苦労したという方も多くおられました。
現状では「キーワード出現率」はSEOの上位表示には特に効果はありません。

 

2011年にはGoogleのジョン・ミューラー氏が
「キーワードの出現頻度に目を向けるのではなく、文章を自然に書くことを勧める。」と発言しています。

Goolgeの担当者もそう言っている以上、効果ありますとは言えませんよね。
キーワードはあってもしっかりコンテンツの中に自然に出てくる程度で
無理に詰め込むとスパム扱いになりますのでご注意ください。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客は必ず強み分析が成功の鍵です!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBook内での集客シナリオ、無料ダウンロードできます!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

 



無料お問い合わせ