企業強み・弱み分析

御社の強みをしっかり分析!

相対的SWOT分析による強み分析

相対的SWOT分析

「相対的SWOT分析」により、自社の強み、弱み、市場の機会、市場の脅威を洗い出します。
戦略上欠かせない「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という孫子の兵法が最も大切であり、
まずはWEB戦略の構築にもっとも時間をかけて構築をいたします。

「相対的SWOT分析」を行うことで、自社の現状を把握し、市場からの立ち位置を明確にし、
競合他社からの優位性をあぶりだします。

ビジネス戦争に勝つためには必ず必要なことは、
自らが事業展開をする領域において、
競争相手に対して何らかの優位性を持つことです。

優位性とは「USP」といい、
【 Unique Selling Proposition 】の略名です。

自社や自社製品のみが持つ、独特の強みのこと。
他社や他社製品と明確に差別化が行えるような、
市場に対する独特の提案を意味します。

つまり、競争優位を獲得することが、企業が自らの事業で勝ち抜いていくために必要なことです。
競争優位性を構築するためには、
まず「どこで戦うのか?」という競争フィールド(事業領域)を明確にする必要があります。

そしてその事業領域で勝つために、つまり優位性を確立するために、
限りある戦力(経営資源)をどこに集中していくのか、その資源配分の考え方を明らかにしなくてはなりません。

WEBマーケティングの世界でも、通常のリアルマーケティングの世界と全く一緒の戦略構築が必要です。
WEBマーケティングは小予算でさまざまな戦術が出来るからこそ、
リアルマーケティングよりも強み分析などの戦略構築からスタートすることが最も重要です、

ファーストメーションでは、これまでに培った独自の「コンセプトメイキング」手法により
企業の強みを明確にしていきます。


無料お問い合わせ