【導線設計を組み立てる】

【導線設計を組み立てる】

前回、【ホームページのコンセプト作り】にて、
ホームページのコンセプトを考えました。

強み、弱み分析は出来ましたでしょうか?

コンセプトがまとまりましたら、
最終目標を決めましょう。
・○○商品を購入してもらう
・お問い合わせをもらう
・メールマガジンに登録してもらう
・資料をダウンロードしてもらう
・予約をしてもらう

など目標はたくさん出てくるかもしれませんが、
まずは一つに絞りましょう。

みちしるべ

 

例えば…
・お問い合わせをもらう
にしてみましょう。

では【お問い合わせ】とはどんなお問い合わせでしょう?
何に関するお問い合わせだったらいいですか?

商品の使い方?
商品の見積もり?
クレーム?

お問い合わせの内容も様々ですね。
例えば、商品を「3C分析」とした
3C分析の見積もりだったとします。

自分だったらどのタイミングなら3C分析の見積もりをしますか?

トップページからいきなり3C分析の見積もり問い合わせしますか?
会社概要のページから3C分析の見積もり問い合わせしますか?
お知らせのぺーじから3C分析の見積もり問い合わせしますか?

やはり、見積もりして欲しい3C分析の紹介を見ているときが一番
見積もり問い合わせに行くことが多いのではないでしょうか?

もちろんトップから見積もりに行くこともあります。
(会社と商品名を知っている前提ならば。。)
他のページも同等ですね。

最終的にはどのページにも問い合わせボタンを置くことは
いいと思います。

が、一番したいのは3C分析の紹介をして「強み弱み分析」で出てきた
3C分析の強み、自社の強みを見てもらい、
納得させて3C分析の見積もりフォームへ誘導することです。

 

これが導線の設計です。

お客様の導線イメージ
トップページ ⇒ 3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ

これがベストな導線イメージですね。

 

3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ

検索で商品ページが最初の場合はトップぺージが省かれますね。

 

では他に考える導線は
トップページ ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ
トップページ ⇒ お知らせ ⇒ 3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ
トップページ ⇒ 会社概要 ⇒ 3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ

と出てきますが、これはまだどのコンテンツを作るかを決めてから
導線は追加していきましょう。

因みに今回使いました3C分析は「3C分析」という言われるマーケティング手法です。

 

ファーストメーションでは、これまでに培った独自の「コンセプトメイキング」手法により
企業の強みを明確にし導線設計を行っています。


【ファーストメーションチャンネル】はコチラをクリック!

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客戦略において強み把握は必須ですよ!!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/



  • ウェビナー
  • 集客ホームページ制作
  • 集客動画制作
  • スタイリッシュアニメ
  • パノラマ360
  • IPサーチ
無料お問い合わせ