【マルチエントランス化でブランディング(基本編)】

【マルチエントランス化でブランディング(基本編)】

マルチエントランスでブランディング

通常、トップページは一つのサイトにつき、一つあるのが通常です。
しかし、通常のコンテンツと、さらにウリにしたい商品を基軸にホームページを作り、
最終的には通常コンテンツへの流入を促すという入口が複数ある
マルチエントランスが多くなってきました。

通常サイトでは企業ブランド紹介や商品の販売をメインに構築して、
ターゲットを広くするサイトで企業としてのホームページを確立させます。

もう一つはブランディングサイトとして、商品のブランドに特化し、
お客様のターゲットを絞り込み、ターゲットに商品の魅力を訴えるサイトと
商品をどのように活用できるのか等、通常のターゲット以外へのアピールも
出来るサイトにより、商品への興味喚起をし、通常サイトの購入へと促します。

このように窓口を大きく広げることで、商品のターゲットを違う目線で複数にアピールします。
ブランディングサイトはユーザに納得、共感させることで、
ユーザ側で商品をブランド化してもらうことが目的です。
ブランド化されることで、商品への信頼度も上がり、口コミによる拡散にも繋がります。

マルチエントランスにすることで多くの窓口を作り、商品、サービスのブランド化で
良質のコンテンツを作り上げていきましょう。

 

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/



無料お問い合わせ